刈り上げ、シルエットが命です。



美容師・キクチの"おコダワリ"ポイントを勝手に語らせていただくこのコーナー。

本日のコダワリは"刈り上げのシルエット"で御座います!

皆さんは刈り上げにどんなイメージを持っていますか?

一言で刈り上げと言っても、カッチリしたスタイルから個性的なスタイルまで、それはもう沢山のスタイルがありますよね?

そんな奥深き刈り上げの世界をとくとご覧ください!









このスタイル、サイドはハチ周りまでしっかりと刈り上げ、トップをやや長めに残しパーマをかけることで立ち上がりと動きが出ています!

襟足から反るようなシルエットで刈り上げつつ、後頭部に頂点を置きパーマの動きを際立たせてみました。

これにより、トップのパーマの動きと刈り上げのカッチリ感が良きバランスに。

そして今回最大の見せ場であるちょい攻め刈り上げ!

地肌との境目は「直バサミ」と言う技法で、ハサミを地肌ギリギリで開閉させ自然に馴染ませつつ、似合うシルエットに整えながら髪の毛の長さで濃淡をつけているんです。

「仕事柄、スーツを着るからやりすぎはNGだけどちょっと攻めてみたい!」そんな想いに応えるべく、キレッキレのバーバースタイルではないけど"チョイ攻め刈り上げ"で見せる潔さと男らしさ。そんなテーマでカットさせていただきました!

一言で刈り上げと言っても、どんな印象に見せたいかでハサミの入れ方、コーム(くし)の角度、刈り上げの高さ等を頭の形を見ながら切っていくんです。

いやぁ~、お客様を切る時って毎度バランスを見ては整えて、またバランスを見ては整えてとステキな刈り上げを作るため唸りながら(心の中で)切っております。

もちろん刈り上げに限らず、どんなスタイルを切るときもそうなんですけどね!


なりたいイメージや見せたい印象を相談しながらカットを楽しんでもらえたらうれしいですね~

それはそうとなぜ刈り上げのシルエットが大事なのか?

それは人から見られる姿って正面ももちろん大事ですが、横からや斜め、後ろから見られることの方が圧倒的に多いと思うんですよね?

だから自分じゃ見えないところにもコダワリを持ってデザインするのって大切だし当然なことだと思うんです。

僕自身、めちゃめちゃ気合いが入る場所でもありますね!

普通ならヘアスタイルという全体像を見せるのでしょう、、、!

しかし、そこをあえてコダワリの詰まった極々狭いところのみを語らせていただきました!



と言うことで、今回は刈り上げのシルエットについてのコダワリでした!


この記事が誰かのお役にたてれば幸いでございます。