少年のような女の子でいたいから。

前回ロングヘアーに別れを告げ、ばっさりとショートヘアーへと変身を遂げたお客様がご来店。

ヘアスタイルが変わると、自分の中身も変わったようで気分が良いですよね!

でも大きくヘアスタイルを変えた時って、日々のスタイリング方法や服とのバランスなんかも変わるもの。

自信をもってカットさせていただいているし、とても喜んでいただいているけど

「その後やりにくいところはなかったかな」 「気に入っていただけただろうか」 「まわりからの評判はどうだっただろうか」

なんてことが気になっているものです。。。

今回ご来店されて、開口一番

「まわりからすごくいいねって誉めてもらえた!」

と、とても嬉しいお言葉が。

ご本人も気に入ってくださったようで、前回と同じ感じでお願いしますとの事。

それともうひとつキーになるオーダーが、"男っぽくなりすぎないけどちょっとだけ少年のような、ボーイッシュな雰囲気"にということでした!

少年のような雰囲気を出しつつ、あくまで女子!

ここはイメージを入念にすり合わせ、前回とは少しだけバランスをかえたスタイルにすることに!


前回のスタイルは、うしろのウェイトをスッ

キリと上げたやや前下がりのスタイル。

後頭部のウェイトの位置をやや低めに設定し、程よく重さを残し、丸みを出すことに。

これによって、微妙なニュアンスですが"マニッシュ"ではなくあくまで"少年"のような雰囲気に。

そしてサイドは耳まわりをスッキリと短めに切ることで、少し膨らみやすい髪質でもしゅっとしたタイトなシルエットにしています。

レザーカットの柔らかく自然な質感がポイントになっています。

長めに残したサイドから前髪の動きが、癖をいかすことでとってもいい感じに!

イメージやその時の気分がお客様と共感、共有できて、そんな"噛み合った"ヘアスタイルを作れた時って不思議と分かるものです。

そんな瞬間がもっともっと増えて、皆さんに喜んでいただけたら嬉しいものですね!

この記事が誰かのお役に立てれば幸いでございます。