春のもやもやに。





こんにちは、キクチです!



すっかり桜の花も散って、日中は暖かい日が増えて来ましたね。



そんな気持ちの良い春ですが、実は注意が必要!



春は「身体がだるい」「イライラする」「やる気が出ない」など心身の不調を感じる方が多いようです。



そんな何となく不調は朝晩の寒暖差や環境の変化によるストレスから生じる、自律神経の乱れが原因とされています。



ということで、久しぶりの自宅で簡単ヘッドスパシリーズ第4弾は"天柱"(てんちゅう)です!



春は1年のうちで寒暖差が一番大きく、気温の変化に対応するため、身体は交感神経の働きが優位な状態(緊張状態)が続きやすくなります。



この状態だと、疲れがたまりやすい、免疫力が下がる、胃腸の働きが落ちる、肩や腰が痛くなる、身体が冷える、寝つきが悪くなるなどの症状があらわれやすくなります。



さらに、春は異動・転勤・新生活の始まりなど生活が大きく変化する季節です。普段より緊張する機会やストレスを感じることが多くなりますよね?



この天柱と言うツボには、首の後ろ側の血行を良くする働きがあります。



それによって首や肩の凝りがほぐれたり、血圧の安定が期待できます。



首の後ろ側や頸椎、背骨にはたくさんの神経が通っていることから自律神経を整え、そこからくるストレスや精神疲労、身体的な不調に有効だと言われているのです。



場所はと言うと、首の後ろ側、中央のくぼみ(盆のくぼ)の両脇にある太い筋肉の上端、左右両方外側のくぼみになります。



以前紹介した風池とにていますが、風池より内側やや上にありますのでお間違いのないように!



そんな天柱ですが、キクチ的オススメ刺激方をご紹介!



まずは指を組んでそのまま頭の後ろ側に回してみましょう。



そのまま天柱に親指を当て、そっと頭を預けてみましょう。




頭の重みを使って親指にぐぅ~っと預けるのがポイントですね!



5秒ほど刺激したら力を抜く、また頭を預けると言うのを何度か繰り返すうちに頭から首筋がすぅ~〜〜っと軽くなってきますよー。



肘をはって首の前側を伸ばすイメージで刺激するのがポイントです。



これの応用で、寝る前や朝起きた時に寝たままこの方法で刺激するのもオススメです!



ちなみにこの天柱、ほかにも眼精疲労、鼻の不調、冷えやめまい、肝臓の働きを活発にする効果があるそうですよ!



春の不調、ヘッドスパで身も心もリラックスして楽しく乗り切りたいものですね!



この記事が誰かのお役にたてれば幸いでございます。